導入事例
HOME>導入事例>VOL.12 冷えとり健康法:冷えとり靴下の841(ヤヨイ)様
冷えとり健康法:冷えとり靴下の841(ヤヨイ)
冷えとり健康法:冷えとり靴下の841(ヤヨイ)
プラン内容 通販する蔵スタンダード版
導入ショップ 楽天×1 Amazon×1
オプション 在庫連動、楽天WebAPI、楽天物流連携
お客様URL http://www.rakuten.co.jp/841t/
http://www.amazon.co.jp/shops/AXB5EKHYDBLHQ
楽天物流の連携が必須条件で、使いやすいシステム 店長様からのおたより


楽天物流の利用が決定しており、長年使っていたシステムが
使えなくなるため、RSL-API連携可能な受注システムを
探していました。

他システムを第一候補としてお試し版を利用してみましたが、
現状の業務フローに合いませんでした。

諦めてそれを使うしかないのかと思っていたところ、
「通販する蔵」なら店舗の要望に柔軟に対応頂けるということで、
今までの業務フローをベースに相談ができることが分かり、
候補として急浮上しました。

導入が決定し、いろいろ相談をさせて頂いた結果から、
現在は以前よりもスピーディーにミス無く受注。
楽天物流ともスムーズに連携できています。

各機能の動作確認は、テスト環境で何度も試してから
本番に適応してくれるので安心です。

楽天物流からの伝票番号取得→配送完了メールの配信を
自動化していただき、とても気に入っています。

スタッフも伝票番号が全部揃うまで会社に残っていなくても
いいので助かります。

サポートもしっかりしていて、
スタッフ全員が意見できるようメーリングリストを作って頂き、
要望や疑問点も迅速に回答して頂いています。

長年使っていたシステムを変更するのは
とても大変で勇気の要る事でしたが、後から考えると、
システムに対して受注量が増えすぎて、
従来のままでは不都合な点がありました。

通販する蔵に変えてスタッフ全員満足しています。

通販する蔵担当者よりお客様へのコメント

既に、楽天物流の利用が決定していた上に、
他社のお試し版をご利用頂いての上でのご相談でしたので、
お困りの点を、しっかり聞き取る事が重要でした。

「通販する蔵・スタンダード版」ですが、
楽天物流との連携機能を実装いたしました。

それ以外には、受注取込み時に、複数商品ご購入時に、
メール便対応可能であるかの、自動判定と
メール便・宅急便の自動切り替え機能を調整しております。

導入フローとしては、
楽天物流連携前に操作に慣れておきたいとのご要望に合わせ、
◆第1フェーズ「在庫連動機能」での運用を開始し、
オペレーションに慣れて頂きました。

その後◆第2フェーズとして「楽天物流連携」を実働しました。

今回のシステム概要図
導入事例 VOL.12をPDFファイルでダウンロードできます。 ダウンロードする