商品連動/在庫連動

HOME>商品連動/在庫連動

  • 販売管理ソフトのデモ版
  • よくあるご質問
  • 販売管理ソフトの資料請求
  • 通販する蔵サポート
MENU
  • 出店する蔵
  • 商品連動/在庫連動

販売管理ソフト・在庫管理ソフトの
「通販する蔵」
 
株式会社ソフテル
〒501-0112
岐阜市鏡島精華1-3-17
岐陽第一ビル3F
TEL: 058-213-7245
FAX: 058-254-8505
E-mail: md@softel.jp  

商品連動/在庫連動とは?

商品連動/在庫連動のメリット/デメリット


  楽天、Yahoo!、Amazon、ビッダーズなど、各モール別々にログインしての作業が無くなり、
  「通販する蔵」ひとつで編集、更新が可能になります。店舗の数が多ければ多いほど効率化が図れます。
  一店舗の場合でも、各モールにログインせず、「通販する蔵」で受注管理も行いながら、
  ウェブサイトの商品情報も修正できます。


  自社品番など事前の商品データの整理が必要ですが、サービス導入前にその整理を行いますので、
  運用時には対応済みとなります。
  売りたい商品をページ上位に置くための編集作業が一瞬で済んでしまう事も可能です。


  時間が決まっているセールの対応や、イレギュラーな商品情報の素早い修正対応など、
  今まで難しかった運用が可能になります。


楽天、Yahoo!、Amazon、ビッダーズなど、各モールにログインし在庫数を人為的に振り分ける作業が無くなります。
在庫数を確認するのは、「通販する蔵」のみとなります。


各モール別々に在庫数を管理していては、どうしても各モールごとに在庫数をカウントしなければなりません。
システム自動連携のため、人為的な在庫数カウントミスを未然に防げます。


ショップにとっては避けたい商品売り切れによる売り逃し、またクレームの元となります在庫切れでの売り越し。
これらを未然に防ぎます。

各店舗と通販する蔵を連動させる為にデータの統一化が必要となります。
例えば複数ショップごとに自社品番、カラー、サイズなどSKUが異なる場合、
連動の基本になるショップを確定し、それをもとに整理していく工程が必要です。

(お客様とソフテル双方でご協力いただく作業となります)
こちらは運用前に行う作業の為、運用時には影響ないデメリットとなります。